Top >  全国のひな祭り >  ひな祭りの元となった流し雛の由来とは

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

ひな祭りの元となった流し雛の由来とは

ひな祭りの元だといわれている「流し雛」。
「流し雛」という行事が行われる事がなければ、ひな祭りといった行事はなかったかもしれません。
なぜ、流し雛という行事が行われるようになったのでしょうか?
そのことについてせまってみましょう。

以前、3月3日は上巳の節句だと紹介しました。
この上巳の節句とは五節句のうちのひとつにあたります。
なぜ、3月3日にこの節句が行われるようになったのかというと、
昔、中国では奇数の数字が重なる月は良くないとされていました。
ですので、この日に健康を願い災厄などを祓うということをするようになったんだそうです。
そして、3月3日は草や藁といったもので作った人がたで体をなでるとその人の災厄は人がたにうつると思われていたんだそうです。
その災厄がうつったとされる人がたを川に流したのが「流し雛」の始まりだといわれています。
そしてこの「流し雛」という催しは現在まで続いているということなのです。

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

 <  前の記事 節句とは  |  トップページ  |  次の記事 全国の流し雛について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/5009

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ひな祭り~素敵な女の子の節句~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。