Top >  ひな人形について >  お雛様の衣装とは

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

お雛様の衣装とは

前回、お内裏様の衣装について紹介しました。
今回はお雛様の衣装について紹介します。
お雛様の衣装はじゅうにひとえ(十二単と書きます)とよばれているもので、昔のお姫様の衣装なんだそうです。
髪型はすいはつ(垂髪と書きます)とよばれるもので油で固めて大きく膨らませているんだそうです。

お雛様は十二単だけ着ているように思えますが、色重ねといわれる衣装を何枚も重ねて着ていて、その上に上着そしてさらにからぎぬ(唐衣と書きます)とよばれる上着もきているんだそうです。
下はもばかま(裳袴と書きます)をしめてはかまをはいています。
聞くからにとても重たそうですよね。
手にはひおおぎ(緋扇と書きます)を持っています。

そして十二単と言われる由来は十二枚の衣装を重ねて着ているという意味じゃなく「沢山着ている」ということなんだそうです。

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

 <  前の記事 ひな人形の衣装は  |  トップページ  |  次の記事 節句とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/4976

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ひな祭り~素敵な女の子の節句~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。