Top >  ひな人形について >  ひな人形の衣装は

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

ひな人形の衣装は

ひな段の一番上に座っているひな人形達。
ひな人形の顔は作った人それぞれでかわってきますが、関東と関西で作られたという違いもあるんだそうです。

関東方面のお雛様の顔の特徴は現代風の美人といったイメージです。
そして、関西方面は鼻筋が通った切れ長の目のりんとした顔立ちの京製といったイメージです。

そして飾り方も関東・関西では違ってきます。
関東ではおひな様は向かって右側に飾るんだそうです。
そして関西ではその逆の左側なんだそうです。

衣装については関東・関西といった違いはないそうですが、お内裏様の衣装は束帯とよばれる衣装です。
これは昔でいう身分の高い人の正装なんだそうです。
上着はほうえきのほう(縫腋袍と書きます)とよばれていて下ははかまをはいています。
腰にはせきたい(石帯と書きます)を巻いていてしたがさね(下襲と書きます)をしています。
そしてかならず冠をはめていて勺をもっていますね。


五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

 <  前の記事 インテリアとして使えるひな人形  |  トップページ  |  次の記事 お雛様の衣装とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/4975

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ひな祭り~素敵な女の子の節句~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。