Top >  ひな祭りの由来 >  桃の節句とは?

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

桃の節句とは?

3月3日とは・・・「桃の節句」と呼ばれる日です。
なぜこの日が「桃の節句」と呼ばれるようになったのか・・・とても気になりますよね。

昔は、この日に行われる行事はお祭りじゃなかったようです。
ひな祭りとは最初は人間の体に紙で作った人形をこすり、人間の災厄を
人形にとってもらって、それを川に流すという「流し雛」の
行為が始まりでした。
そして、身分の高い貴族の女の子が人形で遊んでいて「人形あそび」が
「流し雛」と合わさってひな祭りとして誕生したんだそうです。

今では桃の節句と言われ、今ではすごくかわいいイメージがありますが
昔は3月3日は上巳の節句と呼ばれ健康を祈り災厄を祓うことが
目的の行事だったのです。

それがなぜ、「桃の節句」と言われるようになったかと言うと・・・
桃が咲く時期と重なったから・・・と言われているようですね。

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

 <  前の記事 ひな祭りの由来とは?  |  トップページ  |  次の記事 ひな人形とは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/163

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ひな祭り~素敵な女の子の節句~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。