Top >  ひな祭りの由来 >  端午の節句で食べられるものは?

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

端午の節句で食べられるものは?

余談ですが、ひな祭りにはひし餅や雛あられなどが食べられますよね。
もちろん、男の子のお祝い事の「端午の節句」でも食べられるものがあるのです。
それはちまきと柏餅です。

ちまきにしろ柏餅にしろ葉っぱで包まれていますよね。
これにもちゃんと意味があるのです。
ちまきは菖蒲に包まれていますよね。
菖蒲は細長い先のとがった葉っぱなので鋭い剣を連想させます。
その剣のような葉っぱから強いにおいをさせることによって
厄などを寄せ付けず、悪いものを祓って生命力を強くするものだと
言われていたのです。

そして柏餅に使われる柏は新しい芽が生えない限り葉っぱが
落ちないので、家が途絶えることがないといわれていたのです。
どちらも縁起を担いでのものですね。
いつからそれらの葉っぱで包むようになったのかというと
江戸時代の中頃からだそうです。

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

 <  前の記事 女の子と男の子の初節句  |  トップページ  |  次の記事 埼玉県のひな祭り  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/176

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ひな祭り~素敵な女の子の節句~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。