Top >  ひな祭りの由来 >  なぜ桃の花?

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

なぜ桃の花?

ひな祭りのイメージとして桃の花はやっぱり欠かせないと思います。
桃の花ってピンク色の花びらがとってもかわいいですよね。

でも、なぜ桃の花を飾るようになったのでしょうか?
それは、桃は邪気などを祓ってくれる木だと信じられていたからなんです。
そして、ひな祭りというお祝いが開催されている3月3日は桃の花が咲く頃と
重なったので縁起を担ぐ+旬の花ということで飾られるようになったのでは
ないかと思います。

桜もそうですが桃の花のピンクのはなびらは華やかであると同時に
とても心がとても癒されますよね。

そしてひな人形にも桃の花は飾られているのをご存知ですか?
左側に桃の花そして右側に橘が置かれます。
なぜ、桃の花と橘が飾られているのかというと・・・
ひな人形は昔の宮中をあらわしたものです。
桃の花と橘は宮中内に植えられていたものを再現したのです。

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

 <  前の記事 白酒と甘酒の違いって??  |  トップページ  |  次の記事 女の子と男の子の初節句  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/174

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ひな祭り~素敵な女の子の節句~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。