Top >  ひな祭りのお菓子 >  アレンジされた雛あられ

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

アレンジされた雛あられ

雛あられは親指と人指し指で持てるくらいの手ごろな大きさのお菓子ですよね。
この雛あられが作られるようになったのはなぜなのでしょうか?
そして、なぜ食べられるようになったのでしょうか?

昔、雛あられは貴族がひな遊びを外で楽しむ時に持参するものだったんだそうです。
大きさを考えると携帯する食べ物としたら丁度良い大きさですよね。

ひな祭りは昔、ひな人形を持参して川辺や野原に出かけたんだそうです。
その川辺や野原の風景をひな人形に見せるといった風習があったからだそうです。
その外出の際に持っていた食べ物とされるのがこの雛あられなんだそうです。

雛あられは、ひし餅を油で揚げた物だといわれています。
そのため、色は白・ピンク・緑といった3色が昔の雛あられだったそうです。
現在では、従来の白・ピンク・緑の他にピーナッツが入ったものやチョコレートでコーティングされたものや
いろんな味を楽しめるようになりました。

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

 <  前の記事 雛あられの由来とは  |  トップページ  |  次の記事 ひな祭りのいろいろなお菓子  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/4968

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ひな祭り~素敵な女の子の節句~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。