Top >  ひな祭りのお菓子 >  雛あられの色に意味がある

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

雛あられの色に意味がある

ひな祭りのお菓子は主に2つあります。
それはひし餅と雛あられです。
ひし餅については以前に紹介したのでそちらをご覧下さいね!

今回は雛あられについてです。
雛あられはなぜひな祭りのお菓子として「定番」とされているのでしょうか?
今までは雛あられについて深く考えたことはありませんでしたが、雛あられとは本来はお餅でできているんだそうです。
お餅だとすぐに固くなってしまいますが、油で揚げてあられにすると長持ちしますよね?
そういったことから作られたとも言われているんだそうです。

そして注目すべきは雛あられの色ですね。
いろいろな色のあられが入っていますよね。
このいろいろな色に意味があるんだそうです。
この色がひし餅の緑色で使われている「よもぎ」と同じで「毒を出す」とか「健康」といった縁起をかつぐ意味があるんだそうです。

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

 <  前の記事 ひな祭りのお菓子~雛あられ~  |  トップページ  |  次の記事 雛あられの由来とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/4966

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ひな祭り~素敵な女の子の節句~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。