Top >  ひな祭りについて >  たのしいひなまつりの意味とは

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

たのしいひなまつりの意味とは

ひな祭りにつき物といえばひな祭りに食べるご馳走だとかお菓子だとかひな人形以外に「歌」もありますね。
桃の節句が近づくにつれて「明かりをつけましょ ぼんぼりに・・・♪」という歌はよく聞いていたと思います。
この歌はひな人形を飾られているコーナーなどに行くとよくかかっていますよね。
私はこの「たのしいひなまつり」は2番までだと思っていたのですが、実は4番まであったんですね。
そして、この歌にもしっかり意味がこめられています。

この歌はずっと新王(天皇)のことについて歌われているんだと思っていたのですが
そうではなく自分のお姉さんがお嫁に行ったということを歌っている風にも聞こえますし
この歌の主人公?にはお兄さんがいて、そのお兄さんのところにお嫁に来たお姉さんのことを歌っている風にも聞こえます。
どちらが本当かそれ以外にも意味があるのかは不明ですが、聞いた人によって受ける感想が違うようなので、それもまた面白いですね。

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

 <  前の記事 ひな祭りの歌とは  |  トップページ  |  次の記事 いろいろな雛人形達  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/4971

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ひな祭り~素敵な女の子の節句~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。