Top >  ひな祭りについて >  ひな祭りの歌とは

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

ひな祭りの歌とは

ひな祭りといえば、ひな人形を飾ったり桃の初節句としてお祝いをするといったイメージがあります。
そして、この時期に良く歌われていた歌などを思い出します。
このひな祭りというイベントは昔から長く続いていますね。
平安時代からひな祭りの原型としたひな遊びが始まり、これが節句と結びついて現在の「ひな祭り」となりました。
そして、それはいまだに衰えることなく全国各地でいろんなイベントとなって開催されています。
そう考えると時代を超えて受け継がれたこのイベントは大切にしたいですね。

そして先ほど書きました「ひな祭りの歌」ですが、私が記憶にあるのは「たのしいひままつり」です。
「明かりをつけましょ ぼんぼりに・・・♪」よく歌った記憶があります。
この歌の題名は「ひな祭り」だとずっと思っていたのですが、「たのしいひなまつり」だということを最近知りました。

五月人形・雛人形は木目込み人形の真多呂人形

桃の節句、端午の節句は、健やかなお子様の
成長を願い、経済産業大臣指定
伝統的工芸品の真多呂人形をおすすめします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
7.jpg

 <  前の記事 ひな祭りのいろいろなお菓子  |  トップページ  |  次の記事 たのしいひなまつりの意味とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/4970

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ひな祭り~素敵な女の子の節句~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。